スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
自分の価値
2016 / 01 / 20 ( Wed )


平日ご飯デートのときのこと。
やはりまた、将来の話になって。


実は先日、彼はこんな本を買ったのだけど。
(ブックオフで/笑
この本を売った人は無事に離婚出来たんだろうか/苦笑)

男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則 慰謝料・養育費・親権・財産分与・不倫・浮気 -
男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則 慰謝料・養育費・親権・財産分与・不倫・浮気 -


その中に、「見せかけ復縁」と言うのがあるらしい。
一度家に戻り、復縁すると見せかけて、やっぱりダメであることを
相手に気付かせる、と言う作戦らしい。



今は相手が自分との関係をダメだと思っていないから話が進まない。
でも、家に戻り、相手がこの人とはダメだと思いさえすれば話は早い、と言うことだそうで。



もちろん、見せかけでの復縁だから、優しくする必要もなく、
話を聞いてやったりする必要もないそうだ(苦笑)



彼も、今の状況にほんとにうんざりしていて、
2割くらいはその方向に傾いている、と言ってた。



「でも、寂しくなるやろ?」



どのくらいかかる?との質問には、
「半年、かな...」との答え。



それはもちろん、彼の希望でもあるだろう。
半年くらいで片をつけたい、と言う。



でも実際はどうだろう。



今の状況を振り返っても、片がつくとは思えない。
だって相手方は、彼がきちんと毎日働いてお給料を入れてくれればよくって
彼が存在さえしてくれればよくって、最悪家族の「形」が保たれればいいだけなんだから。



まぁ、平たく言ってしまえば、プライドが高すぎて
とにかく体裁を守るのに精いっぱい、
それさえ守れるのなら夫から優しくされなくても気にしない、と言うわけだ。
それは逆に言うと、夫にも優しくしたりするタイプではない、と言う(苦笑
割と太いタイプ?



だから。
家に帰るなんて言うのは、おそらく相手の思うつぼだろう。
はっきり言って彼の望む通りにはならないだろう。



彼がダメなことを分からせようと冷たく当たったとしても、
「でも、家族のために、耐えるわ、私...」と
逆に悲劇のヒロイン化する可能性の方が高いと思う(苦笑



←って言うか既にその状態かも(笑
「子供を守るために離婚を言われても耐える私...」かな?



うん、それは正しいけど、家族って「子供」だけじゃないよね。
「父親」「夫」もあって初めて「家族」だよね。



家族がうまく行くためには、本当はそこを優先した方がいいとも聞くけど
彼女の耳にはそんなこときっと入って来ないんだろうな...



もちろん彼もそれをわかってて、
「帰ったら負けな気もする」とも言っていた。



そして私は、やっぱり家族と、何より子供といると気持ちが揺れるんじゃないかって不安にもなって。
そしてまたぐずぐずしたことを言い出した。



帰ってみて、そっちの方がよければそのままでもいいよ、って。



彼は少し怒って言った。
「またお前はそう言うことを言う。
どうしていつも、思ってることと真逆のことを言うの?
イヤならイヤだって言えばいいのに」



私は、彼に見抜かれてることがなんだかおかしくなって、苦笑してしまった。



「何でいつもイヤだって言わないの?
そこまで俺のこと好きじゃないの?」



そう言われてしまったので、そうではなくて
好きだからこそ相手には幸せになって欲しいと思うじゃん、と答えた。
それはもちろん、完全な本音ではないけれど
そう言う自分でいたいと思っていることは、本当。



「...」



彼はしばらく沈黙して言った。



「相手に言って聞かせたいよ。
俺のことをこんなにも思ってくれる人がいるのに、お前は、って...」



そしてまた見せかけ復縁の話に少し戻ると、
「でも、つらいなぁ...」と彼はぼそっと呟いた。



私はそれを、子供の顔を見てまだ離婚の話を進めることがつらいのかと思った。
そしたらそうではなくて、「家にいること」そのものがもう、つらいことでしかないらしい...



「ヒカルと会えなくなるのも寂しい。
お前は大丈夫?我慢できる?」



私は、でもやっぱり、彼が家に帰るなら、それはそれでよいこともあって
少しは楽しいことも楽になることもいっぱいあるし、と思った。



私は料理だって上手に出来ないし、
今みたいに彼が毎週洗濯したりしなくてよくなるし、
本当に普通のただの女だし...



「お前はそう言うところ、ほんとに自分の価値を分かってないよなぁ」



彼があきれたようにそう言った。



私にとっての私の価値。彼に取っての私の価値。
考えたこともなかったけれど、そこはやっぱり、違うんだろう。



なんだかんだ言っても、私自身の価値を彼が認めてくれているなら、やっぱり凄く嬉しい。
ただし、私にはそれがどこにあるのか分からないけれど。
(夜の生活かな/笑←そこも重要だと彼は言うからいいんだけどw)



本当は、私の気持ちも何もかも、
彼には全部お見通しなんだろうな。






スポンサーサイト
16 : 01 | 彼とのこと | コメント(0) | page top↑
<<両親にばれた!!!! | ホーム | 夢を見てる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。