スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
本当の別居宣言
2013 / 10 / 02 ( Wed )


「なんやねん!なんか言えや!」


黙ったまま、少し離れたところに立ち尽くす私に業を煮やして、
彼が少し激しい口調で詰問してきた。


なんでもないよ、と首を振る。
彼は後ろ暗いことが分かっているのか、ますます興奮する。


「そんなわけないやろ!言いたいことあるんやったら言えや!!!!」


言いたいことをたくさん飲み込んで、私は彼の方に振り向いた。笑顔で。
言いたいことなんて何もないよ。
別居するつもりなんかないなら、初めからそう言ってくれればいいのに。
ただそれだけだよ。



笑顔のまま、彼にそう言った。


だってどう考えても別居してる夫婦のやり取りじゃない。
ただ仕事が大変でなかなか帰れない夫を抱えてる、物分りのいい妻。
彼のやり取りから見える構図は、ただそれだけだ。
それは正直、誰が見てもそうだろうと思う。


別居なんか、するつもりないんでしょ?
正直にそう話すつもりなんかないんでしょ。
いつでも帰れる状態にしておいて、時間を稼いでいるだけでしょ...


私はまだ笑顔を崩さないまま彼にそう言った。
彼はぐっと言葉を飲み込んだ。
私は続けた。
心の奥底にあった不安を。心の奥底に残っている不満を。


...本当は、家に帰っているんでしょ?
別居なんて、私の前で言ってるだけのことで...


このやり取りからすると、そうとしか思えない。
ときどき、仕事で遅くなり外泊してるだけ。
(普通に考えたらそれもほんとはおかしいのだけど)
基本的にはちゃんと家に帰っているような、やり取り...


彼は小さく言った。
「ごめん、一回だけ、帰った...」


それから慌てたように、
「ちゃうねん、病院に提出しないといけない資料が届いてるかなと思ってやな、」


私はもう、聞いてはいなかった。
でも、私はそれについて文句を言う権利などない。
確かめられないのは、自分も自由ではないから。
彼が家に帰っていても、私自身が自宅にいて、
彼の面倒も見られないし彼のそばにもいられない、
そんな身勝手な都合でしかないのだから...


でもでも、それなら、別居するなどと言わなければいい。
それさえも、彼が私のためを想った嘘でしかないけれど、私は優しい嘘はいらないんだ。
延命治療なら必要ない...


だからその気持ちを正直に話した。
どうせ私も確認なんか出来ないんだし、仕方ないよ。


わざわざ「別居する」なんて言う必要、どこにあったの?


...でもそれならそうと正直に言って欲しかっただけだよ。
いつでも帰れる状態にして、逃げ場が欲しいんだよね?
その気持ち、正直分かる、と...





違う違う、と彼は首を振った。
だからそんなこと言わないで、と。


私も、いいんだよ、気にしないで、と繰り返した。
それは本当の気持ちではないかもしれないけど、嘘ではない。
ただ彼の人としての弱さも、今現在の怖い気持ちも、当然分かる、と言うだけ。



...でも、中途半端だよ。
これじゃ、私にも向こうにも、中途半端でしかないよ...



やっと、それだけは言った。
それは何も、私を取ってと言っているわけではない。
相手に嘘をつくのは仕方のないこと。
だったら私には本当のことを話して欲しい。
私にだけは、胸を張って行動できる彼でいて欲しい。
その気持ちだけは、変わらずにあるんだ...



私自身も中途半端な状態ではあるけれど、彼に嘘はひとつもついていない。
まだ別れる気が今すぐにはないことも、離婚話なんて今は全くしていないことも、
でも夫婦でどこへも出かけることなどはないことも、全部本当のこと。




でも彼は中途半端だ。
どっちにもいい顔をしようとして、どっちにも嘘をついて...



「違うねん、本当に。時間稼ぎは認めるよ。
ただ、俺の中ではもう帰らないつもりだったから、別居とヒカルに話した。
こうやってしばらく帰らんでおれば相手も気づくかな~と思って...

でも、ダメやねんな、そんなやり方じゃ。
お前の言うとおり、中途半端でどっちつかずや...」




その夜、彼は、家に改めてメールした。
たくさんたくさん、彼の気持ちを綴ったメールだった。
そのメールは、最後はこう締めくくられていた。



『離婚の話をしてくれるまで、家には帰りません』と。









...だけど、彼には、ほかにも秘密があったのだ...
それは皮肉にも、本当の別居宣言をしたことで明らかになる...







スポンサーサイト
14 : 54 | 彼とのこと | コメント(2) | page top↑
<<別居宣言後 | ホーム | だけど嘘だった。>>
コメント
* なんと! *

ヒカルさん、こんにちは☆

やっと涼しく(肌寒く?)なったけど、
雨が多いーーーーー!

で、この間メッセージ送ったあとに
こちらにお邪魔し、8月からの日記をまとめ読み。

軽井沢の件がBigなイベントでしたね~♪
凄いな^^
そして彼の別居に関する展開、、、

こんな流れになっているとは思わず…
もし、トシと自分だったら…とか思いながら
読ませて頂きました。
ヒカルさん、大丈夫?
by: 香苗 * 2013/10/23 * 14:10 * URL [ 編集] | page top↑
* 承認待ちコメント *

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2014/03/06 * 11:57 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。