スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
彼の誕生日
2015 / 12 / 08 ( Tue )


彼の誕生日は、ちょうど週末に当たっていて、
いつものように私たち別宅で二人で過ごした。

でも、私の準備の不手際でうまく出来ないことがあって、
ちょっとだけもめてしまったりしたけれど。

せっかくの誕生日を一緒に過ごしてくれてるのに、
彼が私を大丈夫大丈夫と慰めてくれて、なんだかとても悔しかった(涙)
楽しく過ごしたかったのにな...

結局彼は、私の機嫌を取るために、一緒にカラオケに行ってくれて、
私の好きなものを食べに行ったりして、私としては本当、ダメダメな誕生日...

翌日の日曜日には、頑張って彼に尽くしてあげて(笑)、
焼肉とかおごってあげた^^

彼も喜んでくれて、やっとほっとして自宅に帰る。

『無事着いた?』って彼からメールが入る。
無事着いたよ、ありがとう、って私もいつものように返す。

そのあとは、いつもの彼と違っていた。

『家に帰るのつらいやろうけどもう少し時間をください。
二人で暮らせるように頑張ります。
精神的にも肉体的にもお互いつらいからね。
相手には一ヶ月時間を与え、届けを出すように言いました。
どこかで二人で会いますが、不安にならなくていいよ。
ぶれないですから』

そんなメールが返ってくると思っていなかったので、正直、驚いてしまった。

彼には言えないけど、家に帰るのがつらい...かと言うと、正直そうでもなかったり(苦笑)
なんとなく、この週末婚みたいな生活が私の中では普通になってきてて。

だから本当は、精神的肉体的につらいのは、彼の方なんだろうな、って...

それにしても一ヶ月って。
別居から一年以上たっても答えを出さない人が、
そんなこときっと出来ないと思う...

でも、彼のためにも出してくれたら...とも、思わずにいられない。

二人で会っても、ちゃんとした話なんか出来るんだろうか。
いや、たぶん、出来ない(苦笑

彼女はこのままでいいのかな...
それもきっと、いいはずなんてないんだろうけど。

離婚なんて言われても動じないのがほんとの強い奥様像だとは私も思うけど、
それは反面、相手の気持ちを無視してるってことにもならない?

そしてそれが、よけいに彼の反発を招いてるってことにはならない...?

少しでもいいから、彼の気持ちを汲んでくれる人だったらな。
ってそしたらこんなことになってないか(笑

世の中ってホント、矛盾に満ちている...


スポンサーサイト
15 : 26 | 彼とのこと | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。